ソースかけたらええねん

音楽のことや、相撲のことなど、何でも書き逃げさせていただきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
おおお!録画しなくっちゃ!!!!!


7/1(土) 26:55~
 テレビ朝日 Fuji Rock Festival特集番組




ここで、6月に行われたPearl Eventの様子がオンエアされるそうです!!

 

スポンサーサイト

テーマ:SEX MACHINEGUNS - ジャンル:音楽

このページのトップへ
中学校のとき、1年は自転車通学で2キロ以上離れた学校へ通ってましたが
2年からは新しい徒歩3分の学校になりました。

私が中学1年のころは、1クラス40人くらいで10クラス以上ありましたが、
今はそういう学校も少ないですよねきっと。

で、新しく学校ができて分離したのです。



2年、3年と担任の先生はF先生でした。
色黒で目がぎょろりとして、結構すぐに怒鳴る怖い先生という記憶があります。



3年のときに、転校生がやってきました。


確か、1つ年上だったと思う。
あと1年未満だから制服を買い換えるのも大変だということで、
彼女は前の学校の制服でそのまま通っていました。



私の制服は紺のブレザーに青のネクタイという地味ないでたちでした。
ところが彼女の制服は、白いスカーフのセーラー服。
あれはうらやましかった!!
高校でもブレザーだったから、結局セーラー服を着る機会に恵まれませんでした。
(でもいいの。そのうち衣装として着てやる~)



その彼女ですが・・・・・クラスの中ではかなり目立つ存在でした。
年上の兄姉に囲まれ、少し大人びていて、夜は暴走族と遊びまわったり
もしていたようです。

私にとって、彼女はちょっぴり(いや、かなりかな)あこがれでした。

私はまじめないい子ちゃんだったから、彼女から見たらうっとうしい存在
だったと思うのですけど、彼女は分け隔てなく友達扱いしてくれて、
家にも遊びに行ったりしました。



そんなあるとき・・・・・・

詳しい事情は知りませんが、ある日、私が部活終りに自分のクラスの教室へ戻ったところ、
怒鳴る声がきこえました。

ドアは開いていて、先生と彼女が口論になっていました。
もう遅い時間であったこともあり、教室には先生と彼女の二人しかいない
ようでした。

だんだん激しい口論になった末・・・・・・やがて先生の手のひらが彼女の頬を打つことに・・・・・・

顔がみるみる腫れていくのが、少しはなれたところからでもわかりました。


思えば、先生に生徒が殴られている場面を見るのははじめてのことでした。
しかもあんな思い切り・・・・・・・。
いや、後にも先にもないな。そういうの。


かなりショックだったので、今でも鮮明に思い出せます。


私はそこからそっと立ち去りました。


先生が生徒を殴るなんて、今では大問題ですけれど、私の頃は、親からの
クレームもなかったようです。


それ以来、F先生にはあまり近寄らなかったかも。


進路相談のときなんて、すごくいやだった。
1対1で話すことが苦痛でたまらなかった。
先生が怖かったなんて、多分このときが最初で最後だったと思う。




ただ、F先生について、1つ感心していたことがありました。
それは、独学でピアノを弾けるようになったということ。


よく小学校や中学校のとき、クラス対抗の合唱コンクールみたいなのが
あったのですが、その伴奏をF先生がしてくれたのを覚えています。
私はピアノのピの字も弾けませんでしたから、驚きでした。



その後、どうされているのかまったく知りませんが、今もまだ先生を
しているとしたら、やりにくい世の中だと感じているだろうな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ
先週末、法事で旦那方の実家に帰省していました。

兼六園で有名な、金沢です。

羽田から小松まで飛行機で、小松から金沢市内へバスで移動。


ただ、実は私、飛行機があまり得意じゃないんです。


飛行機に初めて乗ったのは、会社の旅行で行った沖縄。
あのときは乗る前に、先輩に「怖いぞ~」なんて脅されたりして、
めちゃめちゃ緊張して乗りました。
その後、やはり会社の旅行で北海道やらハワイなどへも行きました。

飛行機に慣れてきた頃。

八丈島へ行く機会がありました。
羽田からANKで。
そう、飛行機ちっちゃいんです。数十人乗りくらいなやつ。

あのときは曇りのお天気で、羽田から飛び立ってすぐ、すごくゆれて
怖いのなんのって。

八丈島がまた、風が強かった。

着陸するとき、それこそもう終りかしらなんて思うほどの状態で、
無事に着陸したときは客席から拍手が沸き起こったほどでした。
あんな経験は二度としたくないなぁ~~~・・・・


でも、今回また、梅雨前線の影響で結構ゆれました。怖かったなぁ。
客室乗務員は、
「運行には全く問題ありません」
なぁんて、涼しい様子で言ってたけれど、ああやって言われると、
これは大変な状況で、客を混乱させないためにわざとそういう言い方してるんだ!
・・・・・・・なんて勝手に思ったりして・・・・・

思わず足に力が入ってしまいました。



飛行機の技術もすごいもんだと思うけど・・・・・
やはり地についた乗り物で移動するのが私は好きですね~。




あれ?飛行機の話になっちゃった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ
めったに予約してまでCDを購入することはないんですが、
2アーティストだけは予約して購入しています。

それが、SEX MACHINEGUNS Cocco です。

だって、普通私が買うようなCDは予約しなくても普通に買えるから。
別に予約特典にも魅力感じないし。
ただ、彼らのだけは、発売日に買いたいので、予約します。
(自分が買うのを忘れないように・・・というのもある)


で、今回 Cocco 5年ぶりのアルバムとなった、『ザンサイアン』。

聴きました。

すごくほっとしました。


ほんと Cocco が戻って来たんだ!と思って、すごくうれしかった。
すごく Cocco らしい曲と、これからがすごく楽しみになる曲と
バランスよく収録されています。

5年・・・・・彼女にとってどんな5年だったのか、私にはわかりませんが
本物の Cocco に目覚めるために必要な大事な5年だったんだな、と感じました。

いや、前が偽者だったわけじゃないですけど、何というか・・・・・すごく
無理してた部分があったような気がして・・・・・・それが耐えられなくて
やめてしまったんじゃないかって気がしていたんです。
彼女から生まれてくる歌を曲として世の中に出していくまでの過程が
長すぎたり、人と作っていく大変さに・・・・・・



まぁ、知らないで勝手なこと書いてるんですが、今回聴いてみて、その
力が入ってた部分が抜けたというか、割り切れたというか・・・・・
自分がやっぱり歌いたいのだと素直に受け入れられたんじゃないかな、
と思えるアルバムでした。



そんなこと私が考える必要はないんですが・・・・・。
曲をただ聴いて、いいなぁって思えれば充分なんだけど。
Cocco のごく一部しか知らないのですけど、絵本とか、昔の SWITCH の記事とか
読んでいると、彼女の生き方やものの見方って、ものすごく好きだなぁって・・・・・・・

で、ついつい余計なこと考えたくなっちゃうんです。

そんなことを考えるのも、Coccoとマシンガンズだけだなぁ。




昨日、”ROCKIN'ON JAPAN”という雑誌で、Coccoのインタビューが載っていたので、
即買いました。

Cocco にもし会えるなら聞いてみたかった内容で、すごく満足な記事
になっていました。



Cocco は、本当の 歌うたい なんですね。


歌手じゃなくて自分の中から歌があふれ出てくる 歌うたい なんです。


テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

このページのトップへ
やっと買いました。

コルピクラーニの新譜。

邦題「世にもコルピな物語」(原題「TALES ALONG THIS ROAD」)。

彼らの3枚目のアルバムです。
ジャンルとしては、フォーク・メタルというのだそうですけどよくわかりません。
CDのジャケには<旅メタル>というふうに書いてあります(爆)。


1枚目、2枚目と大いに笑わせてくれたフィンランドのバンドです。
森の妖精とかっていうキャッチフレーズを見ましたが、
森の妖精・・・・・・ねぇ(苦笑)。

原題はそんなにおかしくないはずなんですけども、邦題を見れば
それはそれは、オイオイ、な感じに訳されています。
1stのを引っ張ってきますと、こんなんです。

  01. サウナでひとっ風呂
  02. 旅行けば
  03. 燃えろ!キャンプファイヤー
  04. 魔の森に立ち向かえ!
  05. 森の中でハッスルハッスル
  06. 大自然って気持ちいい
  07. 「狩り」こそ漢の宿命
  08. ビール飲み放題
  09. 吐くまで飲もうぜ
  10. 実録!フィンランド昔話
  11. 哀しみのコルピクラーニ



えっと、どんな感じかというと、これは私の知り合いのたとえですが

「フォークダンスのマイムマイムをヘヴィ・メタルアレンジにして、
 NOISY(DUSTAR-3)のダミ声で歌っている感じ」



まぁ、正確な言葉じゃありませんが、このたとえってものすごくぴったりなんです。
これを聞いたときはまさしくっ!って手をたたいて喜んじゃいました。


さて、これから新譜聴くぞ。  <------- って聴いてないんかい!


こんなのもあるのね、ってためしに聴いてみると楽しいですよ。


テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

このページのトップへ
中学のとき、1年間だけお世話になったY先生。

Y先生はその中学の野球部顧問で、活発で楽しい数学の先生でした。


先生の得意技は、”花火”の歌を振りつきで歌うこと。


学校の何かイベントがあるとたいてい壇上に引っ張り出されて
それをやらされてました。
いや、喜んでやっていたのかな?


その歌はこんなの


  ドンと出た花火がきれいだな~
  空いっぱいに広がって
  枝垂れ柳もきれいだな



  それ(←合いの手)


  ドンっと出った花火がき~れいだな~
  空いっぱ~~いに広がって~
  枝~垂れや~なぎもき~れいだな~


  そ~れ


  ドンっと出った・・・・・



・・・・・そう、これエンドレスなんです(笑)。
振り付けは、お遊戯会みたいな感じ。
腕をぱっと上のほうにあげたり、両腕を胸の前で交差して反対の腕に
あてるみたいな・・・・・うまく説明できないんですけど・・・・・


で、先生が会場の様子を見ていいころあいにやめるの。


先生、それいったいどこで覚えてきたんですか?



楽しかったんだけど、Y先生のこと、それしか覚えてないよ。
ごめんなさ~い。




そういえば、中学1年のときは自転車通学でした。黄色いヘルメットかぶってね。
歩くと2キロくらいあって、遠かった~。

あのころはやったものは、”口裂け女”。都市伝説ですね~。
下校の音楽が、カーペンターズの”YESTERDAY ONCEMORE”の
歌がない、ちょっとおセンチになってしまうような音楽でした。
(おセンチっていまどき使わね~よ!!)
それを聴きながら”口裂け女”のことをマジで怖がってた自分が懐かしい。

あのころは純粋だったわ。


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

このページのトップへ
いや、時間的にはもう昨日になってしまったけど(--;。

SEX MACHINEGUNS のベーシスト、一番年下のKENJILAWさん、
32歳におなり遊ばしました。
(もっと若い気がするけれども)

お誕生日おめでとうございます


今、一番尊敬&大好きな・・・・そしてかいぐりかいぐりしたい
ベーシストです。


いつも、マシンガンズのライブでは楽しい・・・・というか
イってしまっているMCが最高におかしいんですが、
ベースはもう、その指に釘付け。すごすぎる。


ただいまマシンガンズは休止中ですが・・・・・

KENJILAWさんの師匠であらせられる、MASAKIさんのライブに
出演されます。

もちろん観にいきますとも!!

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

このページのトップへ
土曜日にライブをやりました。

で、今はまだ腑抜け状態・・・・・
ああ、楽しかったけれど課題も多い。

今回はユーミンのコピーでした。


課題・・・・・なかなか突破するのは難しいですが
でも、だからまた次をやりたくなるんだろうな~。

満足できた日にはどうなるんだろうな。
もういいやって思うのか、それとも味を占めてまたやりたくなるのか・・・・


満足したことないからわかんない(笑)。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ
行ってきました、SHIBUYA-AX。
Pearlが60周年を迎え、そのお祝いイベントです。

5日間行われたイベントの最終日は、ヘヴィ・メタル!
SEX MACHINEGUNS と、ANTHEM 両方観られるなんてそうそうないで~。
順番は歳の順(?)で、大トリを ANTHEM がつとめました。

そんな豪華なSET LISTはこちら。
ANTHEM のほうは、さかもとえいぞうさんの日記からいただきました(笑)。

◆ SEX MACHINEGUNS SET LIST ◆
01. 食べたいなめたい危険地帯
02. BURN~愛の炎を燃やせ~
03. JAPAN
04. HEAVY METAL THUNDER
05. 愛人28
06. みかんのうた
07. 桜島
08. German Power

◆ ANTHEM SET LIST ◆
01. ONSLAUGHT
02. BOUND TO BREAK
03. EMPTY EYES
04. OVERLOAD
05. REVENGE
06. OMEGA MAN
07. GOTTA GO!
08. NIGHT AFTER NIGHT
09. RUNNING BLOOD
10. WILD ANTHEM
-Encore-
11. DEMON'S RIDE
12. THE VOICES


始まるとき、ANCHANG のアンプの上に飾られているドクロが今回かなり光って
おりました。”SM SHOW3”の1シーンを思い出すな~。
前回は5月だったので久々でもないけど、活動休止の中でのライブだったため、
あまりのうれしさに、いや~、なんかちょっと鳥肌が立ちました。

最初、マシンガンズが始まったときに、音がいつもより小さいかな~?
(2バンドのバランスとかいろいろあって仕方がないか)と思ったら、後半はいつも
どおりでした!こうでなきゃ!
やっぱり、SYPAN のドラムはすごいね~。

 MCは、Pearl60周年おめでとう~っていうお祝いに徹していた感じでした。

ANCHANG 「マシンガンズはお祝い事が下手なので、いつもどおり一生懸命やるだけです!」

 マシンガンズは、ただいま活動休止中のため、プチ再結成とも言っていたわね。
 何が面白かったって・・・・・KENJILAW が、60周年だから還暦だ!と言ってたのが
 おかしかった。いや、そうなんだけどさ。

ANCHANG 「久しぶりだったから、オープニングのとき、頭振ったらボキボキボキ~って
 なった(笑)」

 久しぶりだし、会場は暑かったし、演奏者は大変だったことでしょう。
 そうだ、なんか TV カメラが入っていて撮影してたもので、照明がいつもより
 ずっと明るかったというのもあると思う、きっと。

 あと、ANTHEM の柴田さんががんばってるんだから、俺らもがんばらんと、
 みたいなことをおっしゃってて、

ANCHANG 「先日、柴田さんと居酒屋に行きまして・・・・・めっちゃ緊張しました。」

 ほほう。ANTHEM のリーダーとのみに行ったとは!
 ANCHANG は高校のときに ANTHEM も聴いていたそうですよ。

 あっという間に楽しい時間が過ぎて、あっという間にマシンガンズの出番が
 終わってしまいました(泣)。
 イベントだから、アンコールもないしね。さびしいな。


 さて、ANTHEM のほうですが、アンプスピーカーをエラい数並べてましたけど・・・・・
 ベースもギターも。ただ、ベースの(ケーブルをさす部分かな)具合が悪くて、
スタッフがしょっちゅう出てきては直し、出てきては直しとやってました。
 おかげでかどうかわかりませんが、最初のほうはほとんどベースが聴こえなかった
 ような・・・・・気のせいかな。
 ノイズも多くて、えいぞうさんがしゃべってる最中もブチっとかブ~ンとかいう音
 が鳴っていて、ちょっと気になってしまいました。

 ま、でも、それを吹き飛ばすようなドラムのすごさには感激。
 本間さんといえば、確かラウドネスにも在籍されたことがあるのですよね。
 あのパワー炸裂なドラムは、それはそれは見事でした。目が点!!
 まぁ、Pearlのイベントですから、ドラムをより強調した音作りだったのかも
 しれないけど、普段の ANTHEM を知らないので、わかりません。
 ご存知の方、教えてください。いつもああなんでしょうか?

 最初のうちはかっこよく歌っていたえいぞうさんですが
 後半MCでは、リーダーのご機嫌を伺いつつ、いつもどおりな感じのえいぞうさん
 でした。えいぞうさんは、楽しいな~。やっぱりいいな~。

えいぞうさん「え~、今日のミーティングの議題は決まりました。
       えいぞうのお調子者MCについて。」

 あはははは。
 ときどき後ろの柴田さんを振り返りながら、ご機嫌を伺うのがかな~りおかしかった。
 で、柴田さんも、シッシッみたいな感じで・・・・・

えいぞうさん「これで、上下関係がわかるというものです(笑)」


よくイベントでやるような、両バンドでのセッションとかそういうのはなくて、
淡々と両バンドとも自分達の演奏をやりきった、という感じでした。
せっかくだから、何かやればいいのになんて思う部分もありましたけれど、
皆さん、お忙しい方たちですからね~。


それにしても、マシンガンズが複数バンドが出るイベントに出演するたびに思うのですが、
マシンガンズのスタッフはすごい!PAさんも舞台袖のスタッフもみんなすごい!
もちろん演奏もすごいんだけど、なんか、やはりもっともっと上を目指せるバンドなんだな
とつくづく思います。
活動休止から目覚めたら、どんなことになるかとても楽しみです。

っと、その前に、それぞれの活動も応援します!!



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

け~ぴ~28号
  • Author: け~ぴ~28号
  • いらして下さいまして
    誠にありがとうございます。
    いて座A型お気楽人間です。
    お気軽にコメント・トラックバックくださいませ~。
    とはいえ、アダルト等記事と関係ないものはご遠慮ください。
    【性別】♀
    【年齢】結構いいトシ
    【職業】会社員
    【趣味】歌、バンド、
        大相撲観戦
        ライブ参戦(とくにSEX MACHINEGUNS、メトロノーム)
    【好物】カレー、白松が最中、森永ビヒダスヨーグルト、焼酎、ビール





Calendar

05月 « 2006年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。