ソースかけたらええねん

音楽のことや、相撲のことなど、何でも書き逃げさせていただきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今回は、また読書メモです。
月曜日に読んだ本。

ほんじょの鉛筆日和。」です。




ご存知、女優の本上まなみさん(オメデタらしいですね)が書いた
エッセイ集です。

以前から気になっていたのですが、決定的に「読もう!」と思った
のは、彼女出演の映画を観てからです。

その映画は、原田知世さん主演の「紙屋悦子の青春」という映画。

戦時中の一人の女性とその家族の日常を描いていて、戦闘シーンと
いうものは全くありません。

その中で、本上さんは、原田さん演ずる紙屋悦子の義理の姉という
役柄で登場します。
義理の姉といっても、同じ女学校に通ったという同級生なんですけど。

それが、かなりいい感じだったんです。
強くてやさしくてかわいらしい女性・・・・・きっと将来は、お茶目で腰の
据わったおかんになるんだろうなと思わせる女性を見事に演じてました。
本上さん本人のイメージにも近そうだなと思いました。
映画そのものもとてもよくて、ほのぼのじわ~んっていう(どないやねん)
後味のよい映画でした。

おっと、映画の話になっちゃった。

エッセイですが・・・・・。

これまたとてもほのぼのじわ~んっていう感じの文章でしたよ。

視点や、いろんなものに対する姿勢とか、ことばの使い方がものすごく
好きですね~。

ことばでは、やはり彼女の造語(だと思う)「へもへも」に勝るものは
ありませんね~。
ちょっとダサくて、でも愛嬌がある、といった感じのものや状態を形容
することばとして使ってました。

でね、「オレ」って自分のことを書くことがあるの。
本上さんとオレっていうのがなかなか結びつかないところがおかしくて
いいです。

しかも彼女は魚をさばいたり、鳥ガラでスープ作ったりできるんですね。
尊敬してしまう。私にはできない。
だけど、それができる彼女には、命の本質をきちんとつかんでいること
を感じます。


この本は、休日に日向ぼっこしながらまた読みたいと思ってます。



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

け~ぴ~28号
  • Author: け~ぴ~28号
  • いらして下さいまして
    誠にありがとうございます。
    いて座A型お気楽人間です。
    お気軽にコメント・トラックバックくださいませ~。
    とはいえ、アダルト等記事と関係ないものはご遠慮ください。
    【性別】♀
    【年齢】結構いいトシ
    【職業】会社員
    【趣味】歌、バンド、
        大相撲観戦
        ライブ参戦(とくにSEX MACHINEGUNS、メトロノーム)
    【好物】カレー、白松が最中、森永ビヒダスヨーグルト、焼酎、ビール





Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。