ソースかけたらええねん

音楽のことや、相撲のことなど、何でも書き逃げさせていただきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
しゃばけ しゃばけ
畠中 恵 (2001/12)
新潮社
この商品の詳細を見る



最近お江戸づいているけ~ぴ~であります。

この本については、いつぞや友達の家で見せてもらったときに
表紙がいいな、と思っていつか買おうと思っておりました。


ええ、いわゆる”ジャケ買い”ってやつですな。
CDじゃないけどさ。



そして先週1週間、通勤のお供となったのでございました。



”しゃばけ”って何やねん?



とタイトルに対して素直に疑問をもったのでございますが、
お~っとびっくり。
表紙をめくったらいきなり明らかになりまして。


な~るほど・・・・・でもって、このことばがこの物語の中で
どのように生きて浮かび上がってくることか・・・・・・
と想像しつつ読み始めましたが、いつのまにそんなタイトル
のことなど忘れて、物語に没頭してしまったわけなのであります。


正直、最初は、文章のリズムが私にはいまいちつかみにくく、
う~む、これは最後まで読めるかしらん?
と危ぶんでいたのですが、それも数ページ読んでいるうちに
気にならなくなりました。


いつしか主人公の一太郎と妖(あやかし)たちのとりこに
なっていたのです。



この主人公がいいですねぇ。
すぐ寝込んじまう体の弱さ。


そして、登場人物がみんな和菓子好きなところ。
何しろ和菓子の登場回数といったら尋常でないほど多く、
帰宅途中時は誘惑に負けそうになるくらいでございましたよ。


人間の情(親、兄弟、ご近所、生まれ育ちによるいろいろ複雑な
心のひだの部分)、妖たちの感覚のずれであるとか、妖たちの
悩み(?)であるとか・・・・・

時代も次元も超えた、それでいて今の感覚で十分理解できる
いろいろな感情が織り交ぜられながら、物語が展開してゆく
のには、ただ作者の術にはまるばかりでした。


ものすごく面白い時代劇を見たような感覚。


ちょっぴり暖かく、そして続きを想像する楽しみ(しかもそれは
明るく幸せな)を十分残してくれる、私にとっては大満足の物語
でした。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

け~ぴ~28号
  • Author: け~ぴ~28号
  • いらして下さいまして
    誠にありがとうございます。
    いて座A型お気楽人間です。
    お気軽にコメント・トラックバックくださいませ~。
    とはいえ、アダルト等記事と関係ないものはご遠慮ください。
    【性別】♀
    【年齢】結構いいトシ
    【職業】会社員
    【趣味】歌、バンド、
        大相撲観戦
        ライブ参戦(とくにSEX MACHINEGUNS、メトロノーム)
    【好物】カレー、白松が最中、森永ビヒダスヨーグルト、焼酎、ビール





Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。