ソースかけたらええねん

音楽のことや、相撲のことなど、何でも書き逃げさせていただきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
四国上陸二日目は香川でうどんを食べてから車を借りて徳島へ移動。
午後まで香川のアーケードをふらふらとうろついていたので、
徳島のホテルに着いたのは夕方16:00ころ。
夕飯をホテルで済ませてからちょっとだけ町を散策。
明日のライブ開場への道のりも確かめつつ。
夜は早いらしく、19:00には店がしまっている。
人も少ない・・・・・

翌朝、まずは眉山のロープウェイ乗り場まで行く。
つまりは阿波踊り会館のところだ。
しかし、ロープウェイはそこそこの金額だったので、
もったいないということでパス。
会館内で観光パンフを物色してから車で眉山の裏をドライブ。
ふっふっふ。車でも上まで行けちゃうんだね。

眉山の上からは、徳島の町が一望できる。
近くには吉野川も流れているし、山もあるし、なかなかいい眺望。
しかし、これは夜に来るべきだなと思う。
きっと町明かりがきれいなことでしょう。
眉山を降りる途中、徒歩で登るor下る人発見。すげぇ。

眉山から鳴門へ移動し、ぜひ見てみたかったポイントであった
うず潮見学に。
と、その前にお昼ご飯だ。

お昼ご飯は、徳島自動車道より大鳴門橋を渡って淡路島南で降り、
下の道を少し鳴門大橋寄りに行ったところにある博物館みたいな
建物の二階にあったレストランへ。
ここで、明石のたこを食す。まぁまぁだったかな~。

しかし、ここの売店で購入したたまねぎソフトクリームにはびっくりしたぞ。
本当にたまねぎだったからね。
血がサラサラになるのかどうなのか、微妙な取り合わせだ(笑)。

阿波踊り会館で潮見表なるものもゲットしてたので、その日の干潮となる
時間目指して徳島側へ戻り、大鳴門橋遊歩道”渦の道”に突入。
この橋作った人すごいな~とリアルに感動できる所でした。

結構上を走る車の振動などもあったり、ところどころ下を覗く透明の
アクリル板があって、高所恐怖症だったら渡るの無理だろうな~。
遊歩道の突端まで行くと展望室になっており、うず潮が臨める。
そこに到着する前から少しずつ見えていたその姿は、
近くに来るとますます「すっげ~!」といわずにはいられない。

なんじゃこの洗濯機の中のような状態は!

鳴門のうずと船-2



しかも一箇所じゃなく十箇所以上いっぺんにうずまいてる。
時折、うずのそばまで渦潮を見るための遊覧船がやってきては
観察の邪魔をするのがむかつくが、遊覧船がいることで
うずの大きさを測るものさしともなった。

うず潮をひたすら眺めて一時間くらい過ごし(←飽きないヤツ)、
徳島市内へ戻ることに。

今日もホテルでご飯を食べ、さぁ、いざライブへ!





会場前にはすでに開場待ちの方々が群れていた。
金曜日だからか、香川より多い。遠征で見かける顔もちらほら。
ああ、みんなここから高知、松山と参戦するのね。
普通のサラリーマンなら、月曜日28日会社を休めばいいだけだから
確かに参戦しやすい。


本日のオープニングアクトは、サラリーマン?みたいなかっこした
怪しいお兄ちゃんがいる ”The春夏秋冬”(←怪しい記憶)というバンド。
パンクだな。お遍路の歌には笑ったが思わずノってしまった。

かなりの盛り上がりようだったので、マシンガンズも張り切って登場できるな。

と思ったら、Anchang以外のメンバーがステージ上で機材セッティング中に、
なにやらわさわさしだす。スタッフがああだこうだとAnchangのアンプ周りで
試行錯誤中。PAさんも飛んでくる。
RYOTATSUさんもAnchangが使用するフット周りをいじっている。

あ、こんなところでなんだが、RYOTATSU改め、もじゃまるさんになったらしい。
イベリコ.M.マルムスティーンですってよ。そのMが”もじゃ”で後の二文字
つなげて”モジャマル”ね。ほんとにそんなでいいのかしら(笑)。

最終的には控え室にいたAnchangも出てきてわさわさ・・・・・
どうやらアンプと足元の機材をつなぐシールドに問題があった模様。
交換して解決。

最前列に来れてしまったので、一部始終を観察してしまった。
いや、今日は観察の多い日だ(笑)。


さてさて。ようやく始まったSEX MACHINEGUNSのライブは、何事もなかったように
いつもどおりのSEで始まり、『みかんのうた』へ。

Anchang 「徳島~はじめまして~!」

マシンガンズは初の徳島ライブだそうです。
なんでも経費の都合上、なかなか来れなかったそうで。
四国というと、徳島以外のところとなっていたようです。

Anchang 「アンプがトラブりました~!
       春夏秋冬にシールドを借りてしまいました~!」

と、さきほどの騒ぎの報告もしていました。
初徳島だけど、Anchang自身は小学生の頃来たことがあるそうだ。

先ほどのオープニングアクトでかなり盛り上がり、マシンガンズでももちろん
なかなかのノリだったので、Anchangはかなりテンション上昇しつつ
もじゃまるを紹介。
もじゃまるのMCもなんだか滑らか。

もじゃまる「徳島のノリがいいのは阿波踊り魂があるからだよね」

のようなことを言い、阿波踊り話に。

Anchang 「阿波踊りはロックだと思います。
       昔はね、こういう音楽がなかったから、踊ったりしたんでしょうね。
       もちろん、阿波踊りも男踊りとか女踊りとかかっこいいのありますけど、
       こんな感じで(と、踊る真似)・・・・・自由でいいんです。
       だから、ノリ方わからんやつは肩でもゆすってたらいいんです。」

そんな話だったような・・・・うろ覚え。
また、誰に向けてのメッセージか微妙なこんなことも。

Anchang 「後ろで腕組んで見てるようなヤツは売れん。自分で楽しむヤツが
       いいです。なぜなら、自分で楽しみ方がわかっているということは
       人を楽しませるにはどうすればいいかがわかるということだからです。」

後から聞いた話では、オープニングアクトの”The春夏秋冬”メンバーが、
物販コーナーあたりでノリノリで楽しんでいた模様。
ただし、椅子に乗っかってなんていう話もあり、後ろで見ていた客には不評。
私もそれはなしだと思う。


どこでだったか、SHINGO☆が、眉山にロープウェイで登ったという話もしていた。
で、帰りは歩いて降りたそうだ。おお。すごい。
眉山へ行ったのは、Anchang以外のメンバーらしいが、その間Anchangはと
いえば、旧吉野川で釣りしてたらしい。やっぱりか~!
それから、事務所の社長から阿波美人を見て来いといわれて
居酒屋に行ってみたけど誰もおらんかった、というのもあったな~。


あと、『ファミレス・ボンバー』の前フリでは、

もじゃまる 「今日はこれから移動だけど、途中で寄るかもしれないよね~」

と言ってました。翌日は高知だから、確かに夜移動のほうが楽だよな。
一足先にいってらっしゃ~い。

『桜島』、『GERMAN POWER』で本編終了し、2度のアンコールにこたえてくれました~!
3度目も呼んだが、もじゃまるさんの挨拶で終了。


楽しい時間はあっという間に過ぎて、
徳島JITTERBUGのライブは大盛り上がりで終了いたしました。


スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

け~ぴ~28号
  • Author: け~ぴ~28号
  • いらして下さいまして
    誠にありがとうございます。
    いて座A型お気楽人間です。
    お気軽にコメント・トラックバックくださいませ~。
    とはいえ、アダルト等記事と関係ないものはご遠慮ください。
    【性別】♀
    【年齢】結構いいトシ
    【職業】会社員
    【趣味】歌、バンド、
        大相撲観戦
        ライブ参戦(とくにSEX MACHINEGUNS、メトロノーム)
    【好物】カレー、白松が最中、森永ビヒダスヨーグルト、焼酎、ビール





Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。